LOGO-NEP-1.jpg
株式会社ネプチューンデザイン
nep-d.com
社長ブログ

2014年01月31日

自動車エアロパーツ展示棚 デザイン開発経緯

こんにちは!


去年、自動車のエアロパーツ展示棚の新規デザインの相談を受けました。
The new design of the aero part exhibition shelf.

商品を飾る棚は、販促の一翼を担うものですので、
仕様、素材、価格を伺ってデザイン提案しました。
An exhibition shelf plays a part in sales promotion.

幅などの異なる3タイプあったのですが、
オプションで対応できるよう工夫し、
ベースは1タイプでご提案しました。
First of all it was that of 3 differenced type,
we proposed the one type base.


1: こちらが最初のアイデアスケッチ Idea sketch
1.IMG_8134.JPG

2:3Dデータレンダリング 3D data rendering

重量のあるパーツを下部に、小棚やハンガーは、自由に設置できるよう
 デザインに合わせて展示方法までご提案したもの。

2.untitled.333.jpg


3:3Dデータレンダリング 3D data rendering
 アクセサリー等展示する引き出とハンガーはこんな感じに展示してはどうかなと。
3.untitled.331.jpg


4:3Dデータレンダリング 3D data rendering
 こちらは180cmの人型を合わせ、実際のイメージを表現したもの。
The whole image was shown setting the person type of 180 cm.
 人物を一緒に入れるとイメージが湧きやすい。
カーデザインでは必ず入れる。
4.untitled.330.jpg

5:3Dデータレンダリング 3D data rendering 
3タイプをつなげたイメージ。
The image of 3shelf connect together.
 引き出しや小さな棚などは、お客様の個性に合わせて組み合わせ自由に。
It combines according to a client's individuality, a drawer, a small shelf,etc.
5.untitled.337.jpg


6:ファーストプロトタイプFirst prototype(wooden)
 木製のプロトタイプ。
 製作はタイなので、写真で確認。
image (7).jpeg


7:プロトタイプ
 こちらはメタルで作った製品プロト Pre production(metal)

7.IMG_2253.JPG

8:展示会にて(in Thailand) At a show (in Thailand)
10.IMG_2235.JPG

9.IMG_2236.JPG

10.IMG_2235.JPG

非常に好評でした、とお客様からご連絡いただきました。
クルマやエアロパーツ自体のデザインは、数年サイクルで進化していきますが、
「展示棚」は、長く継続して販促のお役に立てるプロダクト(製品)。
プロダクトデザイナーとしては、やりがいがあります。

We were informed from the client that it was very popular.
Although the design of a car or the aero part itself is evolve in several
year cycle.
Although ,"exhibition shelf" is a product which continues for a long time
product and it stands to the role of sales promotion.
Such work is something worthwhile for a product designer.

プロダクトデザインの仕事は、あくまでも縁の下の力持ち。
ですので、「私がこれをデザインしました!」と言うことはためらいもあるのですが、
「プロダクトデザイナー」の仕事の進め方をご紹介する機会と考え、
今後も製品そのものだけではなく、デザイン開発経緯もご紹介できればと思います。
今回は、その第一弾でした!

Work of a product designer is an unsung hero to the last.
Therefore,I hesitate to declare "I designed this"
How to do work of a "product designer" is considered to be an opportunity
to introduce.
Future,I would like to introduce not only the product but the design
development circumstances.
This time, it was the first phase!



LOGO-NEP.jpg
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村
posted by サンティッロ フランチェスコ at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86431233

この記事へのトラックバック